« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月10日 (火)

連休♪

世間の皆様とは違い、昨日、今日と連休だった私。。。

昨日は、ちょ~っとだけお知り合いの作曲家の先生と生徒さん達の演奏会を聴きに、西宮の芸術文化センターへ。

新曲がほとんどだったけど、わかりやすかったから良かった。

小ホールだったけど、非常に良く響くホールだった。

私もあそこで弾いてみたいなぁ~^^

さて、今日は一息つきに、京都に行ってきました。

暑かった~。どうやら28℃あったらしい><汗かく寸前だった^^;

お昼前に河原町に着き、お麩の麺のランチが頂ける「高台寺 萬治郎」へ。

庭園をみながらお座敷でお食事・・・と思ってたけど。通されたのが椅子席・・・(残念)

麩麺はこしがあっておうどんや、おそばより、よく噛まないといけない感じだけど、美味しかった^^

他に、麩の田楽、生麩の旨煮、湯葉等も付いてて、ヘルシーな感じで見た目もステキなお料理でした。美味しかった^^

お腹一杯になったところで、清水寺へ。

以前、千葉からきた友人を(全然詳しくないのに)清水寺に案内しようとして迷子になり、よく下調べしてそうな外国人観光客に密かについていったけど、彼も迷子になり撃沈した事があるので、今日は前回間違った所を慎重に注意して(←それ程の事か・・・?)無事に着きました(!祝!)

山が近くて綺麗だった~^^紅葉の季節ならもっと綺麗だろうな~。日本ってステキ^^

坂を上り、お昼のカロリーを消費した(?)ところで、おやつの時間だったので、高台寺に戻り、「高台寺 洛匠」へ。

お庭からお座敷に入り、草わらびもちとお抹茶を頂きました。

この草わらびもちが、とろとろで美味しかった~^^(幸せ)

その後、円山公園を散歩して、ぶらぶらして、夕食も食べて戻って来ました^^

次は是非、着物を着て来たいな^^(今日は30分しか寝てないのによく歩きました^^)

さて、今から「徹子の部屋」と「スーパーピアノレッスン」を録画してたので見ないと・・・。

今日の「徹子の部屋」には、武田久美子さんが出て、美容の事やら、マッサージ方法などを話したらしい。

叶姉妹じゃないけど、「美は一日にして成らず」

美しい方もたゆまぬ努力をされてるのだ。。。

私みたいに「重力お任せ人生」では駄目なのね。お目々よ~く開いてみないと・・・。

そして「スーパーピアノレッスン」では、難曲のリストのソナタを3回に渡ってレッスンしてる。

私もこの曲弾きたい・・・。。。

でも約30分あるこのソナタ。

体力の消耗も激しく、演奏会で弾いたら「み・・・水をくれ・・・」

と演奏終了後叫んでしまいそう・・・><

痩せちゃって「使用前→使用後」状態かも。

(教えてられる先生も、最後に汗だくになって演奏されてる・・・)

この曲が余裕で弾ける様に、又京都に行って一杯食べて、歩いて体力つけなきゃ^^;

そして

「皆さん何かございまして?」

と化粧崩れもせず、顔色も変わらず平然とできる様に

今からビデオチェックして、マッサージ習得します^^

_027_1 写真は「高台寺 萬治郎」の麩麺点心☆☆☆

他の写真はマイフォトに。。。(うまくゆくかな・・・?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月 9日 (月)

演奏会のお知らせ♪

演奏会のお知らせです♪

川西音楽家協会 お昼のサロンコンサートVol.10

2007年1月14日(日)14時開演  みつなかホール文化サロン (川西市)

  入場料 一般1000円 3才~高校生 800円

私はショパン「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」という曲を演奏予定です。

この曲は元々オーケストラと弾く曲として作られましたが、今日ではほとんど(ピアノのソロ曲として)ピアノだけで演奏されます。

新年にふさわしい華麗な曲で素敵な曲です♪

是非ご来場頂けたら嬉しいです。

・・・が、チラシやチケットはもう少し先にできると思います。それと、頂けるチケットはとても少ないので、ご興味のある方は早めに私の方迄お問い合わせ下さい^^

今日、先日の演奏会に来て下さった方から、「あのコンサートから、着メロをクラシックにした」と言って頂きました^^とってもとっても嬉しかったです。

・・・ですが、私の着メロは、クリスティーナ・アギレラ エイント・ノー・アザー・マンです。

因みに、もう少ししたら、最近お気に入りのクレイジー・ケン・バンド AMANOGAWAに変えるかも・・・^^;ごめんなちゃい。。。

さてとっても寒いので、冷え性の私は寿命が1歳位(?)縮まった気がします><

冷やさない様にしないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »