« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

大晦日

大晦日ですね~。はやい~!

海外はクリスマス一色だったから、日本帰ってきて、年末なんだと実感しました。

M-1グランプリも終わっててビックリしました。。。第1回から見続けてたのに、初めて見逃した・・・。

でもyou tubeでチェックしました^^

チュートリアルが優勝しましたね。いっつも頑張ってたから優勝して良かった。

(麒麟はいつ優勝するんだろう。。。次こそ頑張れ~!)

のだめはちゃんと録画してました^^

最後まで楽しかった!

でも来年から見る物ない・・・><のだめの続きやらないかな・・・。。。

さて今年を振り返ると・・・

何より病気が完治したのが大きいです。(殆ど誰にも詳しくお話してこなかったのですが・・・^^;)

7年間、病気で苦しめられ、もうダメだ・・・と何度思ったか。

きっと私は20代半ばで死ぬと思ったし、やばい事も多々ありましたが・・・お陰様でピンピンしております^^

失くした物、得た物・・・色々ありますが、これからは自分を大切に生きたいと思ってます。

そして、4年間ピアノも全く弾けなかったのですが、2年前位から少しずつ弾ける様になり、

今年は思いが けずソロリサイタルをさせて頂き、本当に幸せでした。

本当に色々な方々の応援、支え、激励があって、元気になり、ピアノも弾かせてもらえてると思うと感謝と共に、やはり人間一人では生きていけないんだと痛感します。

又健康の有難さを日々噛み締めてます。

私これもできる、あれも出来るようになったと喜びの日々です。

この7年間の地獄を思うと、何でも乗り越えられる気もします^^

とにかく健康が一番!

皆さんもお体に気を付けて下さい。

そして、心の底から笑う事もとっても大事だと感じます。

勿論苦しい時は笑えませんが、私も少し病状がよくなった時から、できるだけお笑い番組を見続け、無理にでも笑う様にしてきました。そして、面白い友人と会話する様にもしてきました。そうして少しずつ元気になりました。

研究でも出てるそうですが、心の底から笑うと病気の方でも数値がよくなったりする様です。

今年の反省も勿論ありますが、その反省を活かしつつ、来年も健康でハッピーで、色んな事も笑って吹き飛ばせる1年にしたいなと思います。

そしてまずは1/14の演奏会に向けて頑張って練習しなければ^^頑張ろう!!

今年も大変お世話になりました。

皆様もよいお年を。

_068

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イタリア!

誰だ~大丈夫って言ったのは~。そしてジェノバってどこ~?

と心の中で叫びながら、とりあえずミラノにバスで向かうとの事でバスへ。

ミラノのお天気が悪くて、降りれなかった様です。

ウィーン~ミラノ間の飛行機はとっても小さくてそんなに人が乗ってないけど、この日はたまたまもう一人大阪の女の子(って年上ですが・・・^^;)が乗ってて、バスでも盛り上がりました。(でも私途中で寝てましたが・・・)

ミラノマルペンサ空港での手続きは私の友人が行きで経験済みでベテランさん(?)だったので任せたお陰で割とスムースにいきました^^(友人は大変だったと思いますが・・・)

とりあえずアリタリアがホテル(夕食・朝食付き)を準備するのでバスで向かってとの事でバスに乗り込みました。

ミラノは濃霧で真っ白で、欠航も沢山あった様でバスはほぼ満員でした。

しかし、さすがイタリア!

運転手もホテルへの行き道をきちんと把握できてず、通りすがりのおじいちゃんに道聞いてました^^;

更にホテルが山奥で、濃霧で真っ白だった為、運転も怪しく、ブレーキ掛けてるのに、バックしたり、ガードレールもなかったので、バスが転落して落ちるのではないかと本気で思いました。

安い旅行保険でお母さん、ごめんね。。。とさえ思いました。

後で聞いたら、大阪の女の子もおんなじ事考えてたみたいです^^;

前の方に座ってた外人さん達は、運転手にドンマイドンマイ!みたく励ましてたそうです。

みんな冷や冷やしましたが、何とか無事に着き・・・一安心しました><

夕食には、ペンネとポーク、そしてお砂糖の分量を明らかに間違ってそうなこの世の物と思えぬ甘さのプリンが出てきました。。。夕食といっても22時過ぎで、食べたらもう部屋に入り、母に連絡し爆睡しました。

翌朝、窓を開けると本当に山の上で^^空気も美味しかったです。

061228_1822 (私の部屋からの眺めです^^)

朝食も美味しく頂き、しばしホテルの周りを散策しました。

(地面の草に霜がついてました。)

そして又バスに乗り、空港へ。

町並みを少ししか見れなかったけど、ウィーンよりカラフルで、人々のお洋服もカラフルで元気そうな街でした。

トラブルでイタリアに泊まったけど、私にとってはラッキーで嬉しかったです。

それもこれもトラブルベテランさん?の友人が全部手配してくれたお陰です^^でも友人も次はイタリアに来たいと言ってて私も同感^^いつになるかわかんないけど、今度はスムースにいくとよいな^^

空港でお土産見たりして、私の友人は成田空港行きに乗る為別れて、大阪の女の子とゲートへ。

この日も凄い濃霧で不安でしたが、遅れたけど何とか飛び立ち私の旅行は終了しました^^

色々あったけど、楽しかったし一生忘れられない旅行になりました。

呼んでくれた友人、ウィーンで出会った方々、後輩、トラブルベテラン?の友人、トラブルで知り合った方・・・みんなに感謝です^^

061228_1855 イタリアのホテルの前で^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン vol.13 (まだまだ終わらない旅・・・)

27日。

朝友人に空港へのバス乗り場まで送ってもらいました。

泊めてくれた友人は

「えいちゃん、楽しかったよ」

と言ってくれ、こっちこそお世話になりっぱなしだったのにそんな言葉を掛けてくれ、嬉しかったです><

少しうるっとなりながら、もう一人の友人とバスに乗り空港へ。

空港で友人と朝御飯を食べ、出国審査へ。

何故かぶ~っと鳴り、ごめんなさいね~とおばちゃんに全身触られまくりました・・・^^;

そして、何事もなく、無事通過でき、ゲートへ。。。

う~ん、来ない。。。乗り継ぎできるだろうか・・・。と不安な私を横目に大丈夫やってっと友人。

そして1時間近く遅れて搭乗。

離陸して確か1時間半でミラノに着くはずなのに、それ以上飛んでる・・・。

なんと・・・ジェノバに着いてしまいました~^^;

続く・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン vol.12

26日。

ウィーン最後の日。

この日は友人とベートーヴェンが遺書を書いた家のあるハイリゲンシュタットへ。

家までには森があり、本当に静かで小鳥が鳴いてて、いい曲が書けそうな雰囲気で、私も住みたくなりました^^

(一軒一軒ピンポンして「お嫁にもらってくださ~い」と言おうかと思いました^^;)

ベートーヴェンが遺書を書いた家は小さくてビックリしました。

そして、昔本で読んで遺書の内容など知ってたけど、書いた家で遺書を読むと本当に悲しかったです。

ベートーヴェンの髪も飾ってました。

その悲しい気分を払拭するかの様に館長?のおじちゃんは陽気で、ベートーヴェンの曲を聴く為のヘッドホンをつけてくれたり、写真撮ってあげるとか何かと私達に関わってきて、あげく一緒に写真を撮った時は物凄く密着してきてお尻をさわられた・・・><

まあ、分厚いダウン着てたから、おおむね綿を触ってた事にはなるけど・・・><

(チェロの)友人にもあそこのおやじは面白いよ~と言われてたけど・・・^^;

行かれる方は要注意です^^;061227_0051

その後市立公園でシュトラウス像と写真を撮りたい!と行くも時刻は午後4時過ぎ。

ウィーンでは3:30位から暗くなり、4時は真っ暗です。

でも一応シュトラウス像撮りました!

_083

夜はオペラ座でリヒャルト・シュトラウス作曲オペラ「アラベラ」を見ました。

ミュージカルみたいで、ドイツ語がわかったらもっと面白かったのにね・・・と友人と悔しがりながら、私を泊めてくれてた友人とその友人と3人で食事の約束をしてたので1部が終わって出ました。

(主役のAdorianne Pieczonkaが本当に素晴らしかった^^当たり役だと思います^^)

さて、シュテファン寺院近く_090

唯一開いてるお店があり(私この日で3日連続で、この店に出没し、常連の様でしたが^^;)そこに入りました。

(←これがシュテファン寺院です。大きすぎてとてもフレームに全部入りませんでした^^;)

後から来た友人は日本食を恋しがってましたが、勿論私も恋しかったですが、結構現地のお料理・食材にもそんなに違和感なかったので、そこでも一杯食べました^^

友人宅に帰宅後、同じマンションの歌の子が来てお別れをして、泊めてくれた友人と深夜まで色んな話をしました。

本当に彼女が泊めてくれたお陰で私も悠々とウィ-ンで過ごさせて頂けて、本当に感謝です^^(ぱんだ有難う^^)

旅の写真はあるばむに少し載せます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン vol.11

061225_2106 25日。

私の泊めてもらってた友人は急遽2月に入試という事で、チェロをさらわなくてはならず、割と一人で行動してたけど、もう一人きたので、その友人とこの日はシェーンブルン宮殿へ。

その日は朝とってもお天気だったのに、暫くすると曇り、更にもの凄く寒くなり雪がちらつきました。レストランもあいてず、宮殿前のクリスマス市で本当の意味での「外食」を震えながら食べました><

シェーンブルンは綺麗でした~。そして中にいたお兄さんも綺麗でした~^^;

あはっ

きっと観光客だと思いますがとっても綺麗なベッカム系の顔の人がいました^^

(現地の方は宮殿内に見学にこないだろうし、現地人は「いいお父さんになるだろうな~」というようなやさしい色のセーターを着てる人が多かったから、かっこうからも現地人ではないと思われます^^)

その後、そのお兄さんを目に焼きつけ^^;オペラ座付近に戻りました。・・・が24~26日はクリスマス休暇で、ほぼどの店もしまってました。。。

でも「モーツァルト」というカフェ(映画「第三の男」で使われたそうな。見たことないですが・・・)が開いてたので入り、私はグーラッシュというスープを。友人は子牛のシュニッツェルと名物のモーツァルトタルトを注文。

私もシュニッツェルを一口もらいましたが、子牛を揚げたね^^;という感じで特別な感じではなかったです。友人も微妙な反応^^;そして味がないとお塩をかけどもかけども味がつかず。

そうなのです。。。友人の家でお料理してた時もそうでした。

向こうのお塩はまろやかで日本のお塩の様なしょっぱさがなく、何度ふっても味がつきませんでした。だからしょうがないのです。。。

その後、モーツァルトタルトがテーブルに。。。

特大シュニッツェルでダメージを受けた友人はこのケーキの一口目で大ダメージを受けてました^^;

私もケーキを一口もらいましたが・・・やっぱり重い。

二人でも食べ切れませんでした><

現地の人って凄い。

こんなのぺロっと食べるし、お紅茶・コーヒー・ホットチョコレートを頼んでも沢山お砂糖の入った袋が2つついてくるし。。。という事は2ついれてるって事よね。

それくらいガッツリ食べて、甘い物もたっぷりとらないとあの寒さは乗り越えられないのかも知れません^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン vol.10

24日。

友人からは連絡なし。

航空会社に電話したら、教えられないとの事だったけど、「どこかで急病になったのでは・・?」と私の切羽詰った声に「確かに成田からは乗られました」と。でもそれ以上はわからないと。。。

イタリアからの便は昨日ちゃんと到着してた。

そうなると、乗り継ぎのイタリアで何かあったか。

2、3日ずっと完徹で仕事してるって言ってたから、イタリアで倒れたかもしれない。

元気だったら連絡があるはず。。。

この日ミラノから昼夕と2便来るからどっちでも来なかったら何か手を打とうと友人と話し合い、後輩と会う約束の為出て行きました。

今回ピアノの先生を紹介してくれた東京音大の後輩と久々の再会。

まだこない友人の事は心配だったけど、楽しみました。

色々な話したり、クリスマス市で二人でわたがし食べたり^^

「先輩の髪型モダンですね~」とか「ナウい」とか死語の連発で笑わせてくれました。

本当にいい子で、かわいいくて、でも天然で^^;一生懸命で・・・私は彼女が大好きです^^

私が卒業してからも何度か会ってくれてたけど変わってなくて良かった。

本当に楽しい時間でした。

でも彼女と別れると又現実に引き戻され・・・

夕方友人宅に帰り、これはイタリアのアリタリアに電話して聞くしかない。。。と英語の文章を考え、実家の番号知らないから、(同じ門下だったので)最悪先生に聞くしかないのか・・・と考えて、取りあえずイタリアのアリタリアに電話しかかってた時に、連絡が・・・。

生きておりました。。。

なおかつピンピンしてました。

とりあえず事情聴取の為、急いで、ホテルへ。

何でも、日本からの便が遅れ、乗り継ぎ時間が短かった上、凄く混んでて乗り継げず、ホテル取ったり、航空券取ったりで夜遅くなり、疲れてホテル着いたら眠ってしまったと。そして私が泊まってる友人宅の電話番号のメールが見れてなかったのでわからなかったとの事。

こんなに心配させて・・・ぶっころす~(><メ)とファンタを振って開けたら私がかぶってしまった。。。もう~><

とにかく無事でよかった。

10年近く付き合ってる友人をなくしたらどうしよう?と本当に不安だった。。。

イタリアマフィアにさらわれたのかも・・・と(私がお泊りさせてもらってた方の)友人は一緒に心配してくれたけど、今考えると、んなわけないね。。。奴をさらってもメリットはない。。。

とんだイブでした。10歳位年とったかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン vol.9

23日夜、もう一人の友人が日本からやって来るので空港へ。

しかし、待てども待てども来ない。。。

電車なくなるギリギリまで友人と待つが来ない。

痺れをきらし、出口の扉が開いた瞬間ダッシュで勝手に中に入り探すも日本人はいない。

取りあえず、友人宅に戻り、もう一人が泊まる予定のホテルへ電話をかけた。

予約はそのままだが、まだ来てないし、連絡もないとの事。

どうしたのか???

不安なまま就寝。。。といってもほとんど寝れず。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン vol.8

22日。

やられてしまいました。。。

財布をすられました。。。

この日朝から考え事をしていて、ぼーっとしてたのは事実。

どこですられたかわかりません。。。

しかもこの日に限っていつもより多めに入れて、カードも入れてました。。。

お買い物をしようとカバンをみると財布ごと消えてました。

ウィーンは治安がいいと聞いて安心しすぎてました><

電話もかけれず、電車の切符も買えず・・・交番もどこにあるね~ん!!

両替所のお兄さんに聞くもよくわからず。。。

ふと、公衆電話に目をやると、8日間乗り放題乗車券が・・・

私も泥棒みたいだけど、捨ててあるし、取りあえず帰って交番を調べて、カードをストップしなきゃと電車に。

でも車内でよ~くみると・・・「この乗車券、日にちと乗ってる時間が・・・どう考えてもあたしのだ・・・」と><

とりあえず友人宅に戻り、カードをストップできました。。。

しかもカードのウィーンの支社は閉まる10分前でその日閉まったら、27までお休みだった様で間一髪でした。

友人について来てもらいPolizei(警察)へ。

やっぱりよくわからない所にありました。わかりやすい所に移動してほしい。。。

あ~警察に行く事になるなんて・・・でもボーっとしてた私も悪い。

警察で被害届けを出し帰ってきました。

あ~ついてない!

カード会社の人にも、日本人はよく狙われますからね~と言われた。

友人達にもつけられてたのでは。。。と。

う~ん、没頭して考え事をしてたのでそれすらわからない。。。

なんかすっと馴染めて、海外来てる感じがしなかったけど、やっぱり海外なんだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン vol.7

21日夜はオペラ座でヴェルディ作曲オペラ「ドン・カルロ」をみました。(写真はオペラ座)

061222_0259

よかった・・・。その一言に尽きます。

ヴェルディは暗くて重いから少し苦手だけど、オペラを観たって感じがしました。

後でプログラムみてビックリ!

あの有名なホセ・クーラがドン・カルロ役でした。。。どおりでうまかった・・・。

フリップ2世のMatti Salminen  ロドリーゴ役のSimon Keenlysideも素晴らしくて拍手が鳴り止まず、ブラボーの嵐でした。

上記の男性陣も本当に素晴らしくて大感動したけど、エボリ役の Luciana D’Intinoへの拍手とブラボーは最初からダントツでした。

メゾソプラノの方で、味があり、迫力も表現力も素晴らしくて、声が本当にのってた。

後半で彼女が歌った有名なアリアには、現実を忘れ、ひきこまれてしまいました。

きっと年齢的にも大ベテランの方だと思います。本当に素晴らしかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィ-ン vol.6

20日。

王宮庭園のモーツァルト像の前でしばし悩む・・・。

というか、頭に鳩がとまったままで動く気配がない。

我慢して飛び立つのを待つか、このちょんまげモーツァルトで我慢して写真に納めるか。

結局我慢できず、ちょんまげモーツァルトを撮ってしまいました><

_116

それからシシィミュージアムに行ってきました^^

日本語オーディオガイドをとりに行ったら、お姉さんに○×△・・・と言われ「?」と聞き返したら切れられた^^;

どうやら「one start!」(1を押すと始まるわよ)と言ってた様だけど、なまってて聞き取れなかったのです^^;しかも途中で壊れるし・・・^^;

シシィこと「エリザベート」の生涯はミュージカル「エリザベート」をよく観に行ってたので少し知ってたけど、改めて「自由に生きたかっただろうな~。」と思いました。

(因みに「エリザベート」のミュージカルは当分ないかも知れませんが、CDは出てます。トート役の山口祐一郎さんの美声はやばいです^^;ってか、あの美声は必聴の価値ありです。一杯ミュージカルに出られてますのでお勧めです。昔は熱烈ファンだった私も、今はあまり観に行く事もなく心の中で応援する位になってしまいましたが・・・素敵です^^)

_141_1 そして夜は楽友協会へ!

そうです、もうすぐTVでみれると思いますが、お正月に必ずウィンナーワルツを演奏して、TVで毎年放映されているホールです^^

中は金ぴかでした^^

本当はウィーンフィルを聴きたかったけど、チケットがなくウィーンシンフォニカーを聴いてきました^^

初め立ち見(5ユーロ)で聴いてましたが、休憩時にデジカメを壊し、半泣きの私におば様が、「1部で友人が帰ったから、その席に来ない?」と誘って下さり、とってもいい席で聴けました^^

とても明るい方で、「私英語少ししか話せません」というと、「私も(オーストリア人だから)少ししか話せないわよ~」と^^

「あなたフランス語は?」

「ほんのちょっとしか・・・」

「私は全然。日本語なんて「はい」しか知らないわ。neinは日本語でなんだっけ?」

「いいえです」

「そうそう、いいえ・・・ね。娘がエキスポ(愛知万博)で仕事してたけど、あなた行った??」

・・・と色々お話しました。

正直2部は、お礼の気持ちをどう伝えよう?と、中1で止まってる英語力を駆使(?)して考えてて演奏よく聴いてなかったけど、とてもいい演奏でした^^

こういう出会いって嬉しい^^プログラムに名前書いて頂き、記念にとってます。

(でもお名前聞き取れなかった。。。友人に聞いてもわかんなかった><)

少し早いクリスマスプレゼントを頂いた気分でした^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィ-ン vol.5

19日。

昨日のブルーを少しひきずりつつお外へ。

でも厄介なのが、寒さとお天気。

寒さはぐっとこらえるとして、ず~っと曇りというのは気分がへこみます。

友人にも天気でやられると聞いてたものの、「ほんと?」とちょっぴり疑ってた私。

でも、ブルーになったら、このお天気でとことん気分が落ちていきます。

久々に落ちこんでしまいました^^;

復活する為、シュテファン寺院前で、これは何だろう?銀まみれの人(?)と写真を撮ってみました^^;_106

その後、ウィーン国立音大に忍び込み、ヴァイオリンのクラスの発表会を聴かせてもらいました。

人数は6人くらいだったのに3時間位ありました^^;

そしてみんな表現したい事がはっきりしてて面白かったです。

最後のラテン系の男の子は髪はロングで結んでたけど、服装は日本のサラリーマンみたいで、キャラも濃かった上、演奏も(凄くうまかったけど)濃くて、更に演奏曲目も濃くて、(突然ピアソラ(タンゴ)のエチュードの熱演から始まり)お腹一杯になっちゃいました。

夜は友人と同じフロアに住んでる歌の子が来て一杯笑って、気付いたら、元気になってました。(みっちゃんありがと^^)

やっぱり心から笑う事って大事です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィ-ン vol.4

19日かな??と聞いていたレッスンが急遽18日に。。。

が~ん。。。

曲もできてない上、心の準備が・・・。

朝からピアノの練習室を借りて練習。

途中で練習室のスタッフに(音が漏れてたのか)「奥野・・・ショパンのコンチェルトが×○△・・・」

ドイツ語で何が言いたかったのかわからず><残念

練習してもちっとも弾けず、ブルーな気分で大学へ。

でも大学の建物の色が黄色でかわいかったです^^

急遽先生を紹介してくれた後輩が来れず、ウィ-ン在住11年の方が通訳して下さいました。

先生はまだ30代前半だったけど、もう少し老けてみえました。

凄く明るくて元気でやんちゃで、優しく腰の低い先生でした^^

身体全体で教えてくれ、椅子に飛び乗り何度もこけそうになりながらも^^;喜びを表現して教えて下さったり^^楽しかったです^^

後輩に後で聞いたところに寄ると、身体全体で教えてくれるので、時々壁にわざとぶつかったりして(人生のつまずきとかを教える為だろうか・・・?)ちょっと心配になるそうです^^;

結局自分の足りないところがよくわかり、本当にいいレッスンでした^^そしてすんごくいい先生でした。紹介してくれた後輩に感謝です^^(本当に有難う!素ちゃん^^)

日本から持って行ったカステラも喜んで下さいました^^

さて・・・レッスンでも困ったのが椅子。

友人宅や練習室でも、一番低くしても高くて、その辺の椅子を使ってたけど、レッスンの時に最初にあった椅子も高くて。

幸い低くなる椅子もあったのでチェンジしましたが^^;

いかに短足か・・・><思い知りました。

低い椅子だと足の長い外国人の方は足がどうにかなっちゃうのでしょうね><

自分の短足と、ピアノのダメさにこの日はブルーになってしまいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィ-ン vol.3

17日はザッハーへ!

ザッハトルテの生まれたお店です。。。

が・・・、ロックっぽい曲が流れてて、お店はがちゃがちゃうるさく、イメージと全然違いました^^;

外国人の方ってわりと雑だから、お皿とかも「どかん」って置くし、よく割らないな~っと思ったのも束の間・・・お店奥で「どんがらがっしゃ~ん」と大きな音。

一瞬騒然としたけど、いつもの事の様で「問題ないね」みたいな感じでスタッフも笑ってて私も友達と爆笑してしまいました。

日本だったら「失礼致しました!!」とお客さんに声を掛けるところでしょうが、さすが、海外。

つよし!!

そういえば、むこうの鳩も人が近寄ろうが動じず、むしろ向かって来る位でした^^

結局お皿割ったりは、どの店でも日常茶飯事の様で、よくお皿割ってるのに遭遇しました^^;

さて、ザッハトルテとウィ-ンメランジェを頼んだ私。

お味は・・・

重かったです。中にあんずだったかジャムも入っててずっしりきました。

元々甘い物が得意じゃない私。

最近ようやくケーキを自分から食べる事もしだしましたが、KOでした・・・。

美味しくないわけではないけど、食べるなら半年に1度でいいな・・・とおもいました^^_085

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィ-ン vol.2

さて、生まれつきのボケには悩まされっぱなしですが、時差ボケはなく、16日からは乗車券を買いにタバコ屋さんに行ったり、お買い物に行ったりしました。

私は8日間路面電車・地下鉄・バスが乗り放題の乗車券を買いました^^

距離関係なく使えて、ちょっと日本では考えられない感じで、お得で便利でした。

タバコ屋さんでも売っていて友人に「Acht tage karte 1mal bitte!」と言うのだよと教えてもらい、チャレンジし見事通じました(拍手)

友人と一度一緒にスーパーに行き、システムも教えてもらい、お買い物も一人で行ってました^^海外のスーパーって面白いです。

そして夜は市役所前の「クリスマス市」へ!

_069_7

これ市役所です^^綺麗でしょ???

この前に屋台が一杯出てるのです。

私達はランゴスという揚げパンの様な物に、これでもか~っていうガーリックをこすりつけた食べ物とプンシュというホットワイン、ウィンナー、ホットチョコレートを飲みました。

プンシュはきつかった~><

お酒弱いので味見で終了してしまいました・・・あ~早く大人になりたい・・・><

絵本屋さんでは本を買わなかったのに、おばちゃんにクリスマスカードを頂いてしまいました。

と~っても寒かったけど、心は温まりました^^嬉しかったです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィ-ン vol.1

行って参りました!音楽の都ウィ-ンに^^

15日のお昼に出発し、ミラノで乗り継ぎウィ-ンには現地時間15日22時位に到着しました。(日本の方が8時間先行してます)

機内では時差の事を考えあんまり寝ず、ゲームしたり、大好きなパイレーツ・オブ・カリビアン2を見たり、見たかった「プラダを着た悪魔」を見たり(すごく面白かった^^)してました。

イタリアで2時間弱乗り継ぎ時間があったので、お茶を飲み、1時間半程、又ちっちゃい飛行機でウィ-ンに辿り着きました。トータル13時間弱の飛行機の旅でした^^

飛行機大好きなので結構楽しみました!

何が好きって、離陸する時に物凄くはや~くなって、ふわって浮いた時が大好きで大感動です^^そして上空の景色・・・たまりません。(宇宙は恐くて映像も見れませんが・・・)

こんな沢山(アリタリア航空はガラガラだったけど^^;)の命を乗せて、大空に飛び立つパイロットって素敵^^猛ダッシュして機長室(?)に突撃したい!っといつも思います。

・・・が、離陸前後はシートベルト着用ランプが付いてて、そんな猛ダッシュしたら、機長に会う前にCAに静止され、ブラックリストに載り、もう次回から乗せてくれないかもしれないし、王子様の様な機長がいるはずもないのは重々承知なので(意外と現実主義^^;というか常識ですね・・・)いつも忠実にシートベルトを締め、じっとしてます><

さて、そんなこんなでときめきながらのお空の旅でした^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月10日 (日)

なごみ

「Hiro」というコーヒー屋さんでパティシエとして働く友人が作ったケーキが今月から店頭に並んでいます。

名前は「なごみ」です。

ずっと売り切れててやっと今日、私のお口から胃袋に入りました^^

和の食材を使ってて、少しブランデー(かな?)がきいてて、ゴマの風味もして、甘さ控えめ。

というより、あんまり甘くないけど、口に入れて、暫くすると「すっ」と甘さがひく・・・

何だろう?この感覚^^面白い。

すごくさっぱりした大人なケーキです。

ケーキにも作った方の性格って出るのかな・・・^^

甘いの苦手な方にもお勧めです^^061026_0008

今日は日本茶で「なごみ」を頂ました。

このケーキのお供には紅茶・コーヒーより私は日本茶がお勧めです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月 9日 (土)

うぃーんへ!!!

来週から2週間弱「うぃーん」へ行って来ます^^

親友の1ヶ月にわたる「来い来い」という呪文にかかってしまいました><;

ま、親友の事も心配だし、いい機会なので行く事にしました。

(向こうには後輩もいるし、日本から後で友人も来るし、賑やかになりそうです。)

ですが、色々と・・・関西弁で言う「必死のぱっち」です^^;

(生徒さんのレッスンも来週で終えて行かせて頂きます。

思えばこの1年は生徒さんを笑わすのにそれこそ「必死のぱっち」でした^^

あきれられてるかも・・・><)

そして向こうでレッスンも受けてきます。

そうです、1月にコンサートに出させて頂くので、むこうでも「必死のぱっち」で練習しないとなりません。遊んでばかりはいられません><

どうせ、午前中は親友もチェロを「必死のぱっち」でゴリゴリ弾いてるだろうから丁度いいかな^^

今回唯一不安なのは、寒さ。。。

凄く寒いと脅されてるのですが・・・

実はオーディションで選んで頂き、来春、受講費タダで講習会に行かせて頂く事になりました。

多分「うぃーん」です。

・・・なので、「必死のぱっち」で凍死しない様に帰ってこなくては。。。

要するに・・・今日言いたかったのは・・・「必死のぱっち」

・・・という事です^^;(なんのこっちゃ・・・^^;乱用しただけです^^;)

使い方あってるだろうか・・・?タイトルそれにすればよかった。

向こうで沢山写真を撮ってきて又載せたいと思います^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月 2日 (土)

レタス???

    Photo      

  「今朝どりレタス」

  ・・・思いっきりブロッコリーやん。 。。

本日伊丹の某 関○スー○ーにおいてこの様な怪奇現象に遭遇致しましたのでご報告致します。(mixiの日記にも書いたので重複ネタです><)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »