« こんばんは☆ | トップページ | デームス先生のレッスン♪ »

2008年12月11日 (木)

デームス先生のコンサート♪

11月末に、デームス先生の80歳を記念してのコンサートが京都であり、ピアノの先生や作曲家の先生方と行って来ましたrun

プログラムはバッハの半音階的幻想曲とフーガ、モーツァルトの幻想曲、ベートーヴェンの32番、シューマンの子供の情景、シューベルトの21番。

・・・大曲ばかり・・・sad

若くても体力が・・・そして、こんな大曲ばかりだと(普通は)出来・不出来がわかれたりするもんだけど・・・

全て素晴らしい音楽でしたnote (普通じゃない方だから当たり前か・・・)

そして、こんなに弾いて、更にアンコールも3曲。

どうなってるんだ?年々若返っているのだろうか?

物忘れ・・・とも無縁なんだろうな・・・

それに、以前聴いた曲も更に又演奏が変わってた。。。

80歳でもなお進化し続けるって凄い!

デームス先生の音は、多彩で、一音一音が音楽の喜びに満ち溢れ、音それ自体が歌っている。

ピアノの演奏というより、歌を聴いてる感じを覚えます。

本当に音楽を愛しているのがひしひしと音から伝わってくるし、一音一音に魂を込められている。

私もそんな音が出したいと、先生のレッスンを時々受けさせて頂いていて、このコンサートの数日後にもレッスンを受けましたnote

それも、このコンサートで演奏された先生お得意のバッハの半音階的幻想曲とフーガを・・・shock

はい、恐いもの知らずですpaper(笑)

でも、どうせレッスンを受けるなら、怒られ様が、怒鳴られ様が、先生のお得意の曲を受けて、そこから少しずつでも何かを盗みたいと腹をくくったのですthink

この曲はCDでは先生の演奏を聴いていましたが、生で聴くのは初めてだったので、すごく嬉しかったし、説得力のある演奏でしたpunch

先生がオルガンの低音を使っている様なアレンジをされているのもあり、オルガンを聴いてる様な感じも受けました。

演奏を聴いて、レッスンが楽しみな様な、恐い様な複雑な気持ちにもなりましたがcoldsweats01数日後のレッスンでは本当にいいレッスンを受けれましたshine

でも、長くなりそうだからレッスンの話は又。。。

コンサートの後、先生方に連行されcoldsweats01デームス先生の楽屋に行き、恐る恐るちょっぴりご挨拶だけして帰って来ましたが、とってもいい夜でしたnight

|
|

« こんばんは☆ | トップページ | デームス先生のレッスン♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんばんは☆ | トップページ | デームス先生のレッスン♪ »