« 2009年スタート! | トップページ | 戦いは続く・・・ »

2009年1月11日 (日)

アルペジオーネソナタ

久しぶりに、シューベルトのアルペジオーネソナタを聴きました。

この曲と~っても好きなのですが、チェロやヴィオラで聴いた事はあっても、アルペジオーネというタイトルどおりの楽器では聴いた事がなく、友人のお家にあったCDを拝借してきたのですpaper

伴奏は現代のピアノでなく、作曲当時使われていたピアノ(ハンマーフリューゲル)が使われています。

こうして、当時の楽器で聴くと、余分なものがそぎ落とされ、リアルにシューベルトの悲しみが感じ取れます。

その後、もう一回チェロとピアノ(現代?)バージョンも聴き直してみましたが、シューベルトの悲しみ・喜びが美化されてる様に聴こえてきましたnote

きっと、現代のピアノやチェロの方が、表現の幅もあり、当時の楽器より、コントロールしやすくなってるので、美しく整理した演奏ができるからかなthink

でも、作曲当時の楽器を弾いてみたり、演奏を聴いてみるのも、曲を近くに感じ取る一つの手段だな・・・と思ったりしちゃいました(笑)

それにしても、私の好きな曲って何故か暗いcoldsweats01一度、ブログで並べてみようかなdelicious私も、読んだ人も寝れなくなるかも・・・(笑)

|
|

« 2009年スタート! | トップページ | 戦いは続く・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009年スタート! | トップページ | 戦いは続く・・・ »