« 宝塚でランチ♪ | トップページ | ウィーン静物画の秘密展 »

2009年3月16日 (月)

デュオールのコンサート♪

一つ前の記事に書いた通り、お食事の後は、兵庫県立美術館へ移動しました。

目的は、ピアノデュオ『デュオール』のコンサートnotes

ドイツのマンハイムで勉強されたご夫婦のピアノデュオで、帰国後は全国で大活躍されていますshine

奥様の白水さんは県西の出身で、私は入れ違いで入学したので直接存じ上げませんが、中3の時に、県西の公開実技試験で聴いた白水さんの繊細なドビュッシーの演奏に衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えていますlovely(高校生でこんな繊細な演奏をする方がいるのか・・・と本当にビックリしました。)

それから又演奏を聴きたいsign01とずっと願っていたものの、演奏を聴く機会がなかったので、この日を本当に楽しみにしていたのですが、白水さんの繊細な演奏は更に磨きが掛かってられましたshineそしてお二人の呼吸はピッタリ!

一人で演奏してて、右手から左手にフレーズを受け渡しするのも難しいのに、4手だといかばかりか・・・と思うけど、まるで1本の手で弾いてるかの如く自然なフレーズsign03

本当に流石sign03でした。

この日はピアノが1台だったので、連弾をされましたが、

プログラムは・・・

モーツァルト:『フィガロの結婚』序曲

ブラームス:ハンガリー舞曲集1番、5番

ブラームス:交響曲第3番 第3楽章

ブラームス:大学祝典序曲

この他に、それぞれソロも演奏され、盛り沢山でしたgood

交響曲3番の3楽章は大好きな曲だけど、連弾で聴くのは初めてでした!(大学祝典も連弾では初めて聴きました。)

ハンガリーの1番も大好きな曲ですが、プリモは難しいだろうなといつも思うけど、白水さんのキラキラした音色と繊細な表現に冒頭からゾクっとしましたshine

大学祝典は旦那様がプリモだったけど、骨太な音で非常に歌に溢れていて、この曲で旦那様がプリモを演奏される意図がよくわかりましたnote

コンサート終了後、勇気を出して白水さんにお声を掛けてみました。

中3の時聴いた演奏が衝撃的で今でも覚えている事と、ずっと演奏を聴きたかった事など・・・

ちゃんと日本語話せてたかわからないけどcoldsweats01白水さんも優しく対応して下さり、激励もして下さり、ずっと(勝手に)憧れていた方だっただけに泣いちゃいそうでしたweep

デモ、本当に嬉しかったデスribbon

ステキなご夫婦で羨ましいですが、演奏も本当にステキで、又是非演奏会に行きたいと思いますshine

|
|

« 宝塚でランチ♪ | トップページ | ウィーン静物画の秘密展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝塚でランチ♪ | トップページ | ウィーン静物画の秘密展 »