« これいるか? | トップページ | Bingen »

2009年10月15日 (木)

草食系の時代?

先日、ブレハッチ(Blechacz)とダヴィッド・フレイ(David Fray)のコンサートに行ってきました。

ブレハッチは、マズルカのリズムが流石で、これは、日本人は中々出せないな~と、いつも同意見のお友達Hちゃんと感心。

とってもかわいい男の子(と言っても、もう25歳くらいだけど・・・)で、爽やか過ぎる演奏で、「私達にはこんな爽やかな演奏出来ないね。もう、かなり汚れてるからね~(笑)」と、Hちゃんと、笑ってましたsweat01

可愛い曲はいいけど、今回弾いたシマノフスキなど、少しラフマニノフっぽい曲は、お色気がほしいな~kissmark

フレイは、ベートーヴェンの3番のコンチェルトを聴きましたear

何だか、フランス物を聴いてる感じでした。

って、考えたら、フレイはフランス人だ!(笑)

ベートーヴェンの男臭さ、土臭さはなく、きれいに洗練されたベートーヴェンで、ついうとうと・・・coldsweats01ごめんなさい。。。ちょっと疲れてたので・・・sweat01

ブレハッチは、小さくて細かったし、フレイは、背も高くて、細かった。

ピアニスト業界も草食系男子ピアニストが旬なのか・・・?

私的には、

肉食系

カムバックプリーズ!

ドイツ語だと・・・う~んと

Bitte komme zurück ! ( ビッテ コメ ツールック!)

|
|

« これいるか? | トップページ | Bingen »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これいるか? | トップページ | Bingen »