« あはははは・・・・ | トップページ | 永谷園のお吸い物 »

2010年1月31日 (日)

日にちが経ってしまったけど・・・

今年も1.17を日本で迎えました。

阪神大震災から15年。

日本では、神戸新聞を題材にしたドラマが放送されていました。

私は、このブログでも何度も書いていますが、あの日は修学旅行で長野にいました。

だから、本震は知りません。

でも、TVで燃え盛る神戸を見た時の絶望感。。。

「全て終わった・・・・」

そう思いました。

家に電話しても繋がらない。

誰とも連絡が取れない。

みんな死んでしまったんだ・・・

そう思いました。

これからどうしよう・・・

あの燃え盛る神戸の映像を見る度、15年前の私に戻ります。

次の日に、長野から高校のある西宮に戻ると、筆舌に尽くしがたい惨状が目の前に広がっていました。

そして、これも以前にも書いてますが、私の部屋はめちゃくちゃ。

私がいたら死んでたかも・・・というほど、私の枕の上に、重いお仏壇、重い本棚2本、粉々のCDケースの破片、沢山のCD、本・・・が倒れて重なっていて、部屋に戻ってぞっとしたのを覚えてます。

修学旅行で大怪我する気がして、当日朝まで、行かないとごねてた私。

行きたくない理由を行ってなかったので、かっちゃんは(母)何とか楽しく参加できるようにと毛糸の帽子を編んでくれました。(でも、この帽子が最後の思い出なのか・・・と長野で帽子を握り締めたのを覚えています。)

家にいたら、大変な事になってたはず。私は修学旅行に行って良かったのです。

だから、毎年この日は、生きている事に感謝する日でもあります。

生きるという事は奇跡の連続の結果だと思いますが、せっかく助かった命だから、大切に生きて生きたいと思います。

そして、あの震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

|
|

« あはははは・・・・ | トップページ | 永谷園のお吸い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あはははは・・・・ | トップページ | 永谷園のお吸い物 »