« 賞味期限 | トップページ | 美を求めて~~~ »

2010年10月29日 (金)

変化

昔は明るい曲が苦手だった。。。

大学生の時、試験曲に選んだ曲が全てmoll(短調)だったので、「全部短調???」と先生にドン引きされた(笑)

明るい曲は、自分には弾けないと思っていたし、弾きたくもなかった・・・。強いて言えば、嫌いだった。

でも、今は明るい曲も弾きたいし、大好きです。

色々な事があって、ピアノも弾けなく、ただただベットで横たわるだけしかできなかった6年間を乗り越えて、日常のあらゆる事に、幸せを感じれる様になれたからかな?と感じます。

だって、ご飯の時に、お箸持てるだけで、本当は、にやけそうな位嬉しいもんscissors(以前はお箸すら持てなかった)

それにそれに、お天気の時、空が青く見えると、これまたにやけますcatface

今日も、景色がカラーで見える~~ってfuji

(以前は全部グレーに見えていたので・・・^^;)

そして未だに、3日に1回位、「元気になって、又ピアノが弾けてる。しかもドイツで~~~~happy02

と驚いてます(笑)

ただただ、苦しい日々なだけだったら、悲しみや苦しみは少しは理解できても、喜びは理解出来ないまま、演奏してたかも知れない。

(勿論私の体験なんて、まだまだ甘くて、もっともっとご苦労されてる方は沢山いらっしゃると思うけどcatface

今は、暗くて、心が痛くなる様な曲、反対にハッピーな曲・・・どちらにも共感できるし、弾きたいと思える様になったと思う。

まあ、上手に弾けるかはおいといて・・・coldsweats01

そういえば、小さい頃から、モーツァルトの曲を聞いて、いっつも

「何がそんなに楽しいねん~punch

と思ってました^^;

でも、モーツァルトの作品では、圧倒的にDur(長調)の曲が多いけど、数少ない短調の曲や、曲中に出てくる、短調の部分には、彼の心の底の底の部分の悲しみだったり、悲鳴に近い心の叫びを凄く感じます。

だからこそ、長調の曲や部分が、キラキラ輝いてたり、ハッピーに、より感じるのかも知れない。

悲しみ、苦しみを知ってるからこそ、本当の喜びを知ってるのかも知れない。

作曲家も一人の人間。

色々な人生があって、様々な出来事が曲に反映される。

その分、演奏家も色々な体験をして、引き出しを作っておかなくてはいけない。

まあ、したいと思ったからといって、苦難がやってくるわけではないし、出来ればくるな~~~って感じだけどwobbly

感受性も磨かなければいけないし、いつも心のお洗濯をしておかないと、表現したい事ではなく、自分の今の状況が生生しく、音に出てしまう。

ピアノの練習だけでなく、自分をしっかり見つめていって、そして人間として成長していかねばねscissors

で、今、何をやってるかと言うと、ショパンのソナタ「葬送」をもう一度さらい直してます。すこぶる暗いよ~(笑)ショパンは自分の人生が長くない事をを感じてたのだろうか・・・。

以前に弾いたのは、2年ちょっと前だったっけ??忘れた・・・catface

まあ、この2年ちょい?の間にも色々あったので、又前とは違う演奏になってるなと感じます(笑)

さて、久々にぼ~っとできたのでって、ブログ書いてたけど^^;ぴあのちゃんと遊んできますshine

ばいpaper

|
|

« 賞味期限 | トップページ | 美を求めて~~~ »

コメント

良かったねheart01

投稿: ぱんだ | 2010年11月 1日 (月) 10時24分

ぱんだへ
だんけ~~~scissors

投稿: え~こ♪ | 2010年11月 4日 (木) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賞味期限 | トップページ | 美を求めて~~~ »