« お気に入りのレストラン | トップページ | ステキなクリスマスを! »

2010年12月22日 (水)

門下パーティー

毎年恒例門下のクリスマスパーティーが先生宅で行われましたxmas

私は用事があり1時間半ほど遅刻して行きました。

着いた頃には食料がほぼすっからかんwobbly

「え~こ~~~、もう殆ど料理がなくなっちゃったわよ~~~」

と先生が慌てて、かろうじて残っていた肉一切れ・・・ザワークラフト(酸っぱいキャベツ)、お寿司一切れをお皿に盛ってくれましたcoldsweats01

でも、私もズッキーニ、なす、パプリカとチキンのトマト煮を作って持って行ってたので、後は自分の料理を平らげましたcoldsweats01

門下生も美味しいといって食べてくれたので、沢山作って持って行ったけど、すぐなくなりましたwink

この日はクッキーも焼いて先生にプレゼントpresent

そのほか、クリスマスのかわいい絵が描かれた日本のふろしき、トリュフの入った塩、オリーブオイル、トリュフクリーム、イチジクのジャムをプレゼント。

喜んでましたpaper

そこで話題になったのが、包装の仕方の違い。

もう、ドイツの包装はひどい・・・

この前あきれたのが、お値段高めのデパートに行って、プレゼント用にラッピングしてもらったら、破れた紙でも平気で使って、リボンもアフロヘアの様に、こんもり上面に飾られて、雑な上、全くステキでない・・・。

「これでいい?」

と言われて、これ以上の技術とセンスをこの担当者には求められないと確信したので、「いいです」と言って、帰って来ましたwobbly

やっぱり雑な包装だと、私だったらテンション下がるので・・・包装紙を買って自分でラッピングし直しました・・・gawk

超不器用ちゃんの私の方がまし・・・という残念な状況です(笑)

ま、ドイツ人は気にしないのでしょう(笑)

プレゼント包装をレジで頼むと自分でやってと言われる事も多々だしcoldsweats01やってくれても雑。勿論ステキにして下さる方もいるけどね・・・。

何でも自分でできなければ、ここではやっていけません^^;

先生も、「日本は本当に綺麗に包装されていて、ステキよね。でもドイツは酷いよね^^;ほら、この包装見てみなさい・・・笑」とドイツ人なのに言ってました(笑)

途中から先生のステキな彼も参加。彼は小説家で、↓この本の右側が彼です。左は(前の奥さん?パートナー?との)お嬢さん。ドイツの家族構成は複雑です^^;

045

娘さんとのメールのやりとりが本になったそうな。でも、先生の彼かっこいいよね☆凄くいい人だし^^実物と写真撮るの、この日も忘れたよ^^;

その筋肉は小説家では活かせないでしょ・・・という位体格がよくて、小説家と聞いた当初はひっくり返りそうになりました。

握手も「むぎゅっ」って握力検査??っていう位きつく握られます。

日本人は「ひい~~~っdanger」となってます(笑)

握手の握力が半端ないだけで、(←勿論全く悪気はなく、好意の表れなんだけど、日本人女子には・・・ね^^;)5ユーロで買った盆栽を愛するステキな人です(笑)本当にいい人^^いつか小説も読めるようにドイツ語頑張ろう☆

そしてステキな練習室↓夏は一ヶ月ここで練習しましたshine

051

そして先生のCD↓(確か先生の彼が撮った写真だったと思う)

048

これではなく別のCDをコンクール前に先生から貰いました。

そこにはショパンの葬送が録音されていて、レッスン中に一緒に聴いて、ステキな演奏だったので「もう演奏したくないです。このCDを聴くだけで十分です」と言ったら、

「私とあなたは年齢が違うんだから間の取り方やテンポが違って当たり前なのよ。あなたはあなたの今の葬送を弾きなさい。コンクールが終わるまでこのCDを聴いちゃダメよ。間違っても、私の演奏の真似をするのはダメよ。」

と。

生徒の今の演奏を尊重しつつ、自分の押し売りもしない・・・

かっこいい。。。

こんな大人になりたいなと改めて思った瞬間でした☆

みんなと沢山写真を撮ったのに、ほぼぶれてて、残念な結果になりましたが、楽しく夜が更けて行きました☆

あ~、でも、本当に年末なんだな。。。

速過ぎてビックリ。。。

|
|

« お気に入りのレストラン | トップページ | ステキなクリスマスを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りのレストラン | トップページ | ステキなクリスマスを! »