« ハウスコンサート | トップページ | Japan »

2011年5月25日 (水)

咳が・・・

とまらん。。。。

ドイツに来てから、時々、喘息みたいになるけど、今月は忙しすぎたからか、本番が恐過ぎたからか・・・ちえ熱疑惑があるけど、高熱がぽんぽん出て、十分休めないまま、スケジュールをこなしてたら、一番弱い気管にきてしまった。。。

朝と夜が特に酷いけど、咳で眠れません。。。

気持ちはとっても元気なんだけどなぁ・・・

さてさて、日曜は、大きなチャリティーイベントがあり、そこで、コーラスの伴奏と、ソロを弾かせて頂きました。

バタバタしてて、そして体調悪かったので、全然写真撮れてず・・・残念。

ビデオはあるらしいけど・・・

そこのホールは、舞台が高いところにあり、ピアノはそこに置いてあり動かせなくて、コーラスと指揮者は舞台の下で演奏したので、指揮者は見えないし、バランス難しいし・・・でこれまた大変な作業(?)でした。

その上、こんなの初めてという位、譜めくりの人が、数々の失敗をし、(早くめくる、めくらない、数ページ飛ばしてめくる・・・等々)もう大パニック、大戦争でした・・・

私は止まれないし、譜めくりを信じて弾いてたら、全く違うところで・・・ページ戻したり、探したりしながら、フォーレとモーツァルトのレクイエムの伴奏をしました。

全部暗譜してる位でなかった私が悪いのか・・・譜めくりを事前から、準備してなかった私が悪いのか・・・

コーラスの皆さん、指揮者の先生は私を信じて下さってるのに、本当に申し訳なくて・・・そして、誰もそんな事があったの知らない(見えてない)から・・・なんか、ショックやら、いたたまれない気持ちで・・・

ちょこちょこ譜めくり間違えられる事はあるけど、こんなにほぼ全部???って事はなかった。

音楽勉強されてる方なのに・・・><

もう一曲、ラターのグロリアという、現代曲は、違う方が譜めくりしてくれ、一回早くめくり過ぎたのはあれど、きちんと頑張って下さいました。。。

変拍子の曲で、面白い曲です。私は楽しいデス☆

ソロは良くもなく、めちゃくちゃ悪くもなく・・・

この前のチャリティーもそうだったけど、このショパンのノクターン第13番は、お客様に評判が良く嬉しいです・・・。

指揮者の先生からは

「エイコちゃんは、ただよく弾けるピアニストではなく、本当に色々な悲しい経験や、苦しみやら・・・今まで相当沢山の経験があったんだなって演奏聴いて感じました。そうでないと、あんな歌い方はできない・・・」

とお言葉を頂きました。

ピアノで、色々感じ取って頂いたのは、何だかほんと・・・とっても嬉しかったです。

でも、悲しく弾きすぎたかな・・・?

ま!自分的には反省しかなく、まだまだやる事が一杯だなーと思ってます。。。

とにかく本番は一回きり。お客様も楽しみに来て下さってる。

だから、全力を尽くしたい・・・けど、緊張したりするから難しいけど・・・^^;

「今日ダメだったけど、次頑張ろう」っていったって、もう依頼がこないかも知れない・・・

だから、一回一回が大事。

本当に今回は悔しい・・・

でも、残りのコンサートを頑張ろう。そして、譜めくりももっと真剣に考えて、信頼できる人にお願いできる時はしよう。

そして、昨日はヴァイオリンのJちゃんの、卒業コンサートと銘打った卒業公開試験でした。

そのお話は又書きます♪

|
|

« ハウスコンサート | トップページ | Japan »

コメント

本当にお疲れ様~dog
咳は、アレルギーの影響はないのかな?
私は、去年、Pappeln(ふわふわとんでいるやつ)のアレルギーで、すごい咳が夜中にでて、眠れなかったけれど。。。

譜めくり。。。恐怖だね。。。そんなに譜めくりできない人がいるなんて。。。
私も、一回物凄くいやな経験をして以来、譜めくりは、なるべく頼まない、どうしてもの時は、すごく人を選ばせていただいています。。。
お疲れ様でした。。。 誰にも分かってもらえない、というのもすごく辛いよね。。。

休めるときに、少しでも休んでね!

投稿: ちかこ | 2011年5月26日 (木) 06時48分

わかんない。。。
アレルギーもあるかも・・・
でも、大分まし。。。
譜めくり・・・ほんと、今後真剣に考えるわ・・・

投稿: え~こ | 2011年6月 4日 (土) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハウスコンサート | トップページ | Japan »